温泉分析書 →嵐山渓谷温泉入湯記へ

源泉名:嵐山渓谷温泉
湧出地:埼玉県比企郡嵐山町千手堂395

1.湧出地における調査及び試験成績

(1) 調査機関及び試験者 中央温泉研究所 氏名 滝沢英夫
(2) 調査及び試験年月日 平成11年4月14日
(3) 源泉温度 17.0℃(気温22.5℃)
(4) 湧出量 211g/分 (掘削、動力揚湯)
(5) 知覚的試験 無色澄明無味僅微硫化水素臭
(6) pH値 7.58(ガラス電極法)

2.試験室における試験成績

(1) 試験機関及び試験者 中央温泉研究所 氏名 高野聖子、一柳はる子、滝沢英夫
(2) 分析終了年月日 平成11年5月12日
(3) 知覚的試験 無色澄明無味無臭
(4) 密度 0.9990(4℃)
(5) pH値 7.90(ガラス電極法)
(6) 蒸発残留物 0.486g/s (110℃)

3.試料1kg中の成分・分量及び組成

(1) 陽イオン (2) 陰イオン
成分 ミリグラム ミリバル ミリバル%
水素イオン
リチウムイオン
ナトリウムイオン 87.6 3.81 52.12
カリウムイオン 4.9 0.13 1.78
カルシウムイオン 50.7 2.53 34.61
マグネシウムイオン 9.6 0.79 10.81
アルミニウムイオン 0.05以下
鉄(U)イオン 1.0 0.04 0.55
鉄(V)イオン
銅イオン
マンガン(U)イオン 0.3 0.01 0.14
陽 イ オ ン 計 154.1 7.31 100  
成分 ミリグラム ミリバル ミリバル%
フッ素イオン 0.4 0.02 0.27
塩素イオン 97.0 2.74 36.78
硫化水素イオン 0.3 0.01 0.13
硫酸水素イオン
硫酸イオン 56.0 1.17 15.70
炭酸水素イオン 213.6 3.50 46.98
炭酸イオン 0.3 0.01 0.13
硝酸イオン
ヒドロケイ酸イオン
水酸イオン
陰 イ オ ン 計 367.6 7.45 100  
(3) 遊離成分 (4) 溶存ガス成分
非解離成分 ミリグラム ミリモル
メタケイ酸 65.8 0.84
メタホウ酸 3.6 0.08
メタ亜ヒ酸 0.01以下
非解離成分計 69.4 0.92
溶存ガス成分 ミリグラム ミリモル
遊離二酸化炭素 2.2 0.05
遊離硫化水素 0.1以下
溶存ガス成分計 2.2 0.05
溶存物質計(ガス性のものを除く) : 0.591g/s    成分総計 : 0.593g/s

(5) その他微量成分
成分 ミリグラム 成分 ミリグラム
総水銀 0.0005以下 0.05以下
0.05以下

4.判定 : 温泉法第二条の別表中に示されたメタケイ酸の項で温泉法の温泉に適応する。

作成日:平成11年5月12日
作成者:中央温泉研究所 所長 甘露寺泰雄


☆温泉分析書の見方がよくわからない方はわかりやすく解説してみましたので、下をクリックして下さい。

温泉分析書の見方へ

温泉めぐりのススメへ戻る
ホームページへ戻る
ジャストネットのトップへ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@ma2.justnet.ne.jp