温泉分析書 →関山温泉入湯記へ

源泉名:関山鉱泉
湧出地:茨城県北茨城市関本町関本中

1.湧出地における調査及び試験成績

(1) 調査機関及び試験者 中央温泉研究所
(2) 調査及び試験年月日 昭和33年8月30日午後3時20分
(3) 源泉温度 15.0℃ (調査時における気温21.0℃)
(4) 湧出量 4.48g/分
(5) 知覚的試験 無色、微濁、無味、硫化水素臭あり
(6) PH値 7.2(ガラス電極法)

2.試験室における試験成績

(1) 試験機関及び試験者 中央温泉研究所 氏名 益子安、甘露寺康雄、田熊鴻十郎
(2) 分析終了年月日 昭和33年11月30日
(3) 知覚的試験 無色、微濁、無味、硫化水素臭あり
(4) 密度 0.9973(20℃)
(5) PH値 7.9(ガラス電極法)
(6) 蒸発残留物 430r/s

3.試料1kg中の成分・分量及び組成

(1) 陽イオン (2) 陰イオン
成分 ミリグラム ミリバル ミリバル%
水素イオン
リチウムイオン
ナトリウムイオン 105.5 4.587 83.95
カリウムイオン 9.000 0.230 4.20
カルシウムイオン 7.552 0.377 6.89
マグネシウムイオン 3.296 0.271 4.96
アルミニウムイオン
鉄(U)イオン
鉄(V)イオン
銅イオン
マンガン(U)イオン
陽 イ オ ン 計 125.3 5.465 100.00
成分 ミリグラム ミリバル ミリバル%
フッ素イオン
塩素イオン 16.93 0.477 8.92
硫化水素イオン
硫酸水素イオン
硫酸イオン 85.18 1.772 33.13
炭酸水素イオン 187.4 3.070 57.39
炭酸イオン
硝酸イオン
リン酸水素イオン 1.400 0.030 0.56
水酸イオン
陰 イ オ ン 計 290.9 5.349 100.00
(3) 遊離成分 (4) 溶存ガス成分
非解離成分 ミリグラム
メタケイ酸 44.2
メタホウ酸
メタ亜ヒ酸
非解離成分計 44.2
溶存ガス成分 ミリグラム
遊離二酸化炭素 6.78
遊離硫化水素 1.152
溶存ガス成分計 7.93
溶存物質計(ガス性のものを除く) : 0.4604g/s    成分総計 : 0.4683g/s

4.判定 : 以上の分析結果によれば本泉は温泉法第二条の別表「総硫黄」の項に該当する温泉である。

作成日:昭和33年11月30日
作成者:中央温泉研究所 所長 服部安蔵


☆温泉分析書の見方がよくわからない方はわかりやすく解説してみましたので、下をクリックして下さい。

温泉分析書の見方へ

温泉めぐりのススメへ戻る
ホームページへ戻る
ジャストネットのトップへ

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@ma2.justnet.ne.jp