秘湯めぐりの旅(57)

<芦安温泉郷めぐり−山梨県>

2005.3.26-27

インデックス

3/26(土) 3/27(日)
芦安温泉郷 桃の木温泉 芦安温泉 御勅使川温泉


*2005年3月26日(土) 秩父吉田温泉雁坂トンネル→芦安温泉郷

秩父鉄道三峰口駅で撮影

 早朝自宅を立ち、秩父盆地に至って、宝登山ロープーウェイに乗り、「竜勢記念館」「秩父事件資料館」と見学して、秩父吉田温泉「星音の湯」に立ち寄り入浴した。その後は、小鹿野町へ出ようと思ったものの、道を間違えて、遠回りしてしまった。途中、蕎麦屋に入って、昼食をすませ、さらに荒川村へと達した。ここでは、秩父鉄道の終着三峰口駅へ立ち寄って、写真を撮ったんだけど、電車や貨車などがたくさん停まっていて、撮りがいがあった。ついでに、記念入場券も購入した。

雁坂トンネルを越え山梨県へ

 その後、国道140号線を西へ向かって、大滝村へと入っていった。ここでも、いろいろと立ち寄りたいところはあったんだけど、もうかなり時間を使っていて、先を急がないと、今日の宿に夕刻までに到着しそうもない。仕方ないので、素通りして、雁坂トンネル(有料710円)を越えて山梨県へと入っていった。この辺は、標高1,200mほどあり、道の脇には積雪も残り、路面も一部凍結していて、下り坂では神経を使ったよ。それでも、なんとか無事に甲府盆地まで、下りてこられて、ホッとしたけど...。

・芦安温泉郷「民宿旅館 なとり屋」に泊まる

 その後は、甲府市内を通過して、南アルプススーパー林道の入り口にある芦安温泉郷へと至った。そこで、民宿旅館「なとり屋」に泊まったのだが、一浴後の夕食がとても美味しかった。食卓には、カモ鍋、岩魚塩焼、山菜天ぷら(タラの芽、フキノトウ、マイタケ、シシトウ)、紅マスの刺身、芹のおひたし、ウドの千切り、ノビル、野沢菜など地物ばかりが並び、最後には手打ちうどんまで出てきた。お酒も2合頼んで、飲みかつ食べた。とても満足して、部屋に戻って、明日のコースを考えてみた。この温泉地は、芦安温泉郷と呼ばれているけれど、実は4つの温泉の総称で、桃の木温泉(アルカリ性単純温泉)、金井沢温泉(単純温泉)、芦安温泉(ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉)、御勅使川温泉(カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉)と源泉も泉質も異にしている。それで、翌日は全部巡ってみようと計画してみたのだ。それからは、テレビを見ながら横になったが、日中に大量に浴びたスギ花粉の影響で、目はチカチカするし、華はグスグスでどうも調子よくない。あまりよく眠れないで、一夜を明かすことに...。

★芦安温泉郷「民宿旅館 なとり屋」に宿泊する。<1泊2食付 7,500円(込込)>

芦安温泉郷「民宿旅館 なとり屋」の外観 芦安温泉郷「民宿旅館 なとり屋」の浴室




源泉名 桃の木温泉
湧出地 山梨県南アルプス市芦安芦倉字桃の木平1673
湧出量 372.4g/分
知覚 無色澄明、無味、わずかに硫化水素臭
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温分類 43.0℃(高温泉)
pH値 9.2
液性分類 アルカリ性
溶存物質総量 746.5r/s
浸透圧分類 低張性
*一般的適応症(浴用)
 
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進
宿


芦安温泉郷「民宿旅館 なとり屋」のデータ
標準料金 1泊2食付 7,500円〜(込込)
浴室 内湯1(男女交代)、貸し切り1
入浴料金 入浴のみ 600円
外来入浴時間 午前10時〜午後4時
宿泊定員 木造3階建 和室9室 35名 
住所、電話 〒400-0241 南アルプス市芦安芦倉726 TEL(055)288-2025
交通 JR中央本線甲府駅より山梨交通芦安行きバス50分「芦安」下車後徒歩1分
芦安温泉郷「民宿旅館 なとり屋」の夕食 芦安温泉郷「民宿旅館 なとり屋」の朝食

*2005年3月27日(日) 芦安温泉郷→芸術の森公園帰途へ 

朝の散歩へ出かける

  朝6時頃に起き出し、7時前から、恒例の朝の散歩に出かけた。山中なので、寒いかと思い完全防備で出発したものの、さすがに3月末ともなると寒さもゆるんできていた。御勅使川沿いに歩いてみたのだが、学校や公民館などは新しい鉄筋コンクリート造りのものとなっていて、山間地の生活の変化が見て取れる。そういえば、2年ほど前に数町村が合併して、芦安村から南アルプス市へ変わったことを思い出した。それでも、民家の軒先には、野菜が吊してあったり、火の見櫓や道祖神に昔ながらのくらしぶりを見ることも出来た。そんな印象をカメラに収めて、宿へと戻ってきた。8時前から朝食を取り、その後朝風呂に入ってから、ゆっくりと出発の準備を整えたのだが、9時開館の「南アルプス芦安山岳館」にちょうど良い時間に出るためだったんだ。

御勅使川 夜叉神峠方向を望む

桃の木温泉「別館山和荘」へ入浴

 宿を出て、急斜面を登っていくと、程なくして「南アルプス芦安山岳館」へ到着した。もちろん、開館一番乗りで、大型スクリーンによる15分ほどの影像もあり、南アルプスの自然に関する展示を面白く見学することが出来た。その後は、さらに山を登り、芦安温泉郷の最奥にある桃の木温泉へ立ち寄ってみた。ここには、「本館桃栄館」と「別館山和荘」が川を挟んで建っていて、周辺は、深い谷と木々の緑に囲まれ、秘湯と言って良い立地だ。私は、露天風呂のある別館の方で1,000円出して日帰り入浴したのだが、内湯には硫化水素臭が漂っていた。湯に浸かるとぬるぬるして心地よいアルカリ性単純温泉(pH9.2)で、もちろん源泉掛け流しになっている。湯口には「飲泉できます」と書いてあり、手ですくって飲んでみたんだけど、これがとても美味しいんだ。これだけの上質の温泉はざらにはないと悦に入って、入浴を楽しんだ。そこから、扉を開けて外へ出ると庭園風の岩造り露天風呂があり、山々の自然の様子を眺めながら入れるので、とても爽快だった。

★桃の木温泉「別館山和荘」に入浴する。<入浴料 1,000円>

桃の木温泉「別館山和荘」の外観 桃の木温泉「別館山和荘」の露天風呂




源泉名 桃の木温泉
湧出地 山梨県南アルプス市芦安芦倉字桃の木平1673
湧出量 372.4g/分
知覚 無色澄明、無味、わずかに硫化水素臭
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温分類 43.0℃(高温泉)
pH値 9.2
液性分類 アルカリ性
溶存物質総量 746.5r/s
浸透圧分類 低張性
*一般的適応症(浴用)
 
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進
宿


桃の木温泉「別館山和荘」のデータ
標準料金 1泊2食付 11,550〜23,100円(込込)
浴室 内湯3(男1・女1・貸切1)、露天風2(男1・女1)
入浴料金 1,000円
外来入浴時間 午前10時〜午後6時
宿泊定員 鉄筋・鉄骨2階建 和室15室 70名 
住所、電話 〒400-0241 山梨県南アルプス市芦安芦倉1672 TEL(055)288-2306
交通 JR中央本線甲府駅より山梨交通広河原行きバス60分「桃の木温泉入口」下車後徒歩5分(冬期は「芦安」下車後送迎車又はタクシー)
桃の木温泉「別館山和荘」の内湯 桃の木温泉「別館山和荘」の湯口
桃の木温泉「別館山和荘」の公式ホームページへ

芦安温泉「岩園館」に立ち寄る

 上がってきて、今度は山を下り、市営の金井沢温泉へも行ってみたものの、冬期休業中で営業開始は4月からと閉鎖されていたのは残念だった。仕方がないので、さらに下って、芦安温泉「岩園館」へ立ち寄り入浴(1,000円)した。結構近くても、別源泉で、こちらはナトリウム・カルシウム−硫酸塩泉(含石膏-芒硝泉)なのだ。ここの大岩露天風呂はとても大きくて見晴らしも良く、心地よい。他に浴客もなく、占有して、お湯を楽しんだ。こちらも、ぬるぬる感のあるアルカリ性泉(pH9.26)の源泉掛け流しで、すばらしい。これ以外にも男女別の屋上露天風呂と展望大浴場があるので、今度来る時には、宿泊してゆっくりと各浴槽を巡ってみたいと思った。

★芦安温泉「岩園館」に入浴する。<入浴料 1,000円>

芦安温泉「岩園館」の外観 芦安温泉「岩園館」の露天風呂




源泉名 芦安温泉 岩園館
湧出地 山梨県南アルプス市芦安安通588
湧出量 398g/分
知覚 無色透明
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
泉温分類 43.7℃(高温泉)
pH値 9.26
液性分類 アルカリ性
溶存物質総量
浸透圧分類 低張性
*一般的適応症(浴用)
 
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進
*泉質別適応症(浴用)
 
きりきず・やけど・慢性皮膚病・動脈硬化症

宿


芦安温泉「岩園館」のデータ
標準料金 1泊2食付 8,550〜19,050円(込込)
浴室 内湯2(男1・女1)、露天風呂4(男2・女2)
入浴料金 1,000円
外来入浴時間 午前8時〜午後9時
宿泊定員 鉄筋コンクリート3階建 和室27室 120名 
住所、電話 〒400-0242 山梨県南アルプス市芦安安通588 TEL(055)288-2005
交通 JR中央本線甲府駅より山梨交通広河原行きバス50分「芦安温泉」下車後徒歩1分(冬期は「芦安」下車後送迎車又はタクシー)
芦安温泉「岩園館」の公式ホームページへ

御勅使川温泉「ヘルシーハウス山渓園」に立ち寄る

 その後は、さらに下って、宿泊した「なとり屋」の前を通り過ぎ、その下流にある市営の御勅使川(みだいがわ)温泉「ヘルシーハウス山渓園」(市外550円)にも立ち寄ってみたのだが、こちらも別源泉で、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(含芒硝-石膏泉)となっている。しかし、泉温も28.1℃と低く、男女別の内湯のみで加熱循環し、カルキ臭もしていたが、他に比べ低料金で入浴できるのが良いところかな...。そうこうして、朝から4度も温泉に入ったことになり、いいかげんに体がふやけてきていたので、温泉巡りは打ち切って、山を下っていった。

★御勅使川温泉「ヘルシーハウス山渓園」に入浴する。<入浴料 550円>

御勅使川温泉「ヘルシーハウス山渓園」の外観 御勅使川温泉「ヘルシーハウス山渓園」の浴室




源泉名 芦安村第3号源泉
湧出地 山梨県南アルプス市芦安芦倉409-1
湧出量 116.6g/分
知覚 無色澄明、弱塩味、弱い硫黄臭あり
泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
泉温分類 28.1℃(低温泉)
pH値 9.9
液性分類 アルカリ性
溶存物質総量 1532.8r/s
浸透圧分類 低張性
*一般的適応症(浴用)
 
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進
*泉質別適応症(浴用)
 
きりきず・やけど・慢性皮膚病・動脈硬化症







御勅使川温泉「ヘルシーハウス山渓園」のデータ
浴室 内湯2(男1・女1)
入浴料金 (1回)大人 550円、小人200円 (1日)大人 1,050円、小人450円
営業時間 午前10時〜午後6時(7・8月は8時、5・6と9・10月は7時まで)、毎週木曜休館
住所、電話 〒400-0241 山梨県南アルプス市芦安芦倉409 TEL(055)288-2600
交通 JR中央本線甲府駅より山梨交通芦安行きバス40分「ヘルシーハウス山渓園前」下車後徒歩1分

甲州名物かぼちゃほうとうを食べる

 途中、富士山の写真を撮りつつ、甲府市内へ入り、芸術の森公園の駐車場に駐めて、まず昼食を取ることにした。道路の向かい側にある「小作」という店で甲州名物のかぼちゃほうとう(1,100円)を食べたのだが、あつあつでとても美味しかった。でも、量が多くて食べても食べても減っていかない。おかげで、満腹になった。

「小作」の外観 「小作」のかぼちゃほうとう
甲州ほうとう「小作」の公式ホームページへ

芸術の森公園を見学

 食後は、芸術の森公園にある「山梨県立美術館」を見学したのだけど、ロッコールクラブの写真展が興味深かった。ほんとうにうまく撮る人もいるもんだと感心した。その後、常設展と企画展も見たのだが、なんといってもミレーの作品群がすばらしい!何度も見ているものの、感動を新たにするのだ。それからは、向かい側に建つ「山梨県立文学館」も見学してみたが、山梨県にもいろいろな文学者とのゆかりがあって、面白く見て回った。

山梨県立美術館 山梨県立文学館
「山梨県立美術館」の公式ホームページへ

帰途につく

 そうこうしていたら、もう2時半になっていたので、帰途につくことにした。帰りは、甲府昭和インターから中央自動車道に乗って東へ走ったのだが、渋滞もほとんどなく、すいすい走って、4時前には八王子インターで下りられた。その後は、下道を走って、6時過ぎには自宅に帰り着いた。
 今回の旅は、スギ花粉に悩まされたけど、天気に恵まれ、良い写真も何枚か撮れたし、温泉三昧して、美味しいものも食べられたから、まずまずだったかな...。


秘湯めぐりの旅日記へ戻る
温泉めぐりのススメへ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp