本文へスキップ

「旅のホームページ」は、いろいろな国内旅行を専門とするホームページです。

鉄道写真館

伊豆箱根鉄道

走行中の7000系車両(2014.12.29撮影) 停車中の3000系車両(2014.12.29撮影)

 伊豆箱根鉄道は、静岡県内において、三島市の三島駅から伊豆市の修善寺駅を結ぶ駿豆線(19.8km・駅数13)、静岡県函南町の十国登り口駅から十国峠駅を結ぶ十国鋼索線(0.3km・駅数2)と神奈川県内において小田原市の小田原駅から南足柄市の大雄山駅を結ぶ大雄山線(9.6km・駅数12)を運行するローカル私鉄事業者です。1893年(明治26)に豆相電気鉄道株式会社を設立したのに始まり、豆相鉄道株式会社に社名変更し、1898年(明治31)から翌年にかけて非電化で三島駅〜大仁駅までが開通しました。1919年(大正8)に三島駅(現:下土狩駅)〜大仁駅間の電化が完成し、1924年(大正13)には修善寺駅まで延伸されます。一方、大雄山線にあたる路線は、1925年(大正14)に大雄山鉄道により開業します。1940年(昭和15)には駿豆鉄道株式会社に社名変更し、翌年大雄山鉄道を合併しました。1956年(昭和31)には、十国鋼索線が開業し、その翌年に伊豆箱根鉄道株式会社に社名変更されます。また、船舶事業(芦ノ湖遊覧船)、不動産業(不動産賃貸業)、レジャー・サービス業、自動車道事業、介護事業なども行い、関連会社がバス事業、タクシー事業なども手掛けてきました。

 
フレームなし         フレーム付へ
駿豆線
修善寺駅 大仁駅 韮山駅 原木駅 伊豆仁田駅 大場駅  三島二日町駅 三島田町駅 三島駅
☆駿豆線

 <修善寺駅>

修善寺駅舎の外観と踊り子号乗車ホーム (2003.10.13撮影)
修善寺駅ホームと1100系車両 (2003.10.13撮影)

 2003年10月13日、連休を使って1泊2日で、伊豆半島に旅に出て、伊東温泉に泊まり、伊豆箱根鉄道駿豆線の終点修善寺駅に立ち寄ってみました。駅ホームには、踊り子号乗車ホームがあり、JRから乗り入れている「踊り子号」が入線していたのです。1番線、2番線には三島行きの1100系が停まっていたので、カメラに収めました。

修善寺駅改札口(2014.12.29撮影) 修善寺駅ホームと3000系車両(2014.12.29撮影)
 2014年12月29日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、修善寺駅前の駐車場に自家用車を駐めて、伊豆箱根鉄道駿豆線に乗ってみることにしました。一日乗車券を買い求め、ちょうどホームへ止まっていた3000系車両に乗り込んで、三島駅へと向かったのです。

 <大仁駅>

大仁駅舎の外観とホーム (2005.12.25撮影)
大仁駅ホームと3000系車両(2005.12.25撮影)

 2005年12月25日、3連休を取って2泊3日で、伊豆半島一周の旅に出ての帰路に、伊豆箱根鉄道駿豆線の大仁駅に立ち寄ってみました。ちょうど、駅ホームには、3000系の三島行きが停まっていたので、出発までをカメラに収めたのです。

大仁駅ホームと7000系車両(2014.12.29撮影)

 2014年12月29日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、修善寺駅前に車を駐車して、一日乗車券を購入しました。それで、三島駅とを往復しようと考えたのです。3000系車両に乗って、三島駅へと向かいましたが、途中の大仁駅に着くと向かいのホームに7000系車両が入ってきたので、車窓から撮影してみました。


 <韮山駅>

韮山駅舎の外観と改札口 (2007.12.30撮影)
韮山駅ホーム(2007.12.30撮影)

 2007年12月30日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、伊豆箱根鉄道駿豆線の韮山駅に行ってみました。駅舎や改札口、ホームなどをカメラに収めましたが、結構立派な駅です。


 <原木駅>

原木駅舎の外観と入口 (2007.12.30撮影)
原木駅ホームと7000系車両(2007.12.30撮影)

 2007年12月30日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、伊豆箱根鉄道駿豆線の原木駅に行ってみました。駅舎や改札口、ホームなどをカメラに収めていると7000系車両が入ってきたので、シャッターを切ったのです。


 <伊豆仁田駅>

伊豆仁田駅舎の外観と改札口 (2007.12.30撮影)
伊豆仁田駅ホームと3000系車両(2007.12.30撮影)

 2007年12月30日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、伊豆箱根鉄道駿豆線の伊豆仁田駅に行ってみました。駅舎や改札口、ホームなどをカメラに収めていると3000系車両が入ってきて並んだので、シャッターを切ったのです。


 <大場駅>

大場駅舎の外観と出札 (2007.12.30撮影)
大仁駅改札口とホーム(2007.12.30撮影)

 2007年12月30日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、伊豆箱根鉄道駿豆線の大場駅に行ってみました。駅舎や出札、改札口、ホームなどをカメラに収めたのです。


 <三島二日町駅>

三島二日町駅舎の外観と改札口 (2007.12.30撮影)
三島二日町駅ホームと1100系車両(2007.12.30撮影)

 2007年12月30日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、伊豆箱根鉄道駿豆線の三島二日町駅に行ってみました。駅舎や改札口、ホームなどをカメラに収めていると1100系車両が入ってきたので、シャッターを切ったのです。


 <三島田町駅>

三島田町駅舎の外観(2014.12.29撮影) 三島田町駅ホームと7000系(2014.12.29撮影)

 2014年12月29日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、修善寺駅前に車を駐車して、一日乗車券を購入しました。それで、三島駅とを往復しようと考えたのです。まず三島駅まで乗り、すぐに折り返してきて、三島田町駅で下車しました。ここは、三島大社の最寄り駅となっていたので、徒歩で参拝して戻ってきたのです。そうしてホームで待っていると7000系車両が入ってきたのでシャッターを切りました。


 <三島駅>

三島駅舎の外観(2014.12.29撮影) 三島駅ホームと3000系車両(2014.12.29撮影)

 2014年12月29日、帰省途中に伊豆半島に立ち寄り、修善寺駅前に車を駐車して、一日乗車券を購入しました。それで、三島駅とを往復しようと考えたのです。まず三島駅まで乗り、改札を出て、駅舎を撮影してから、すぐに折り返しの電車に乗車しました。

伊豆箱根鉄道の公式ホームページへ
 
旅のブログ   100選・50選   ガウスの歴史を巡るブログ
このページの先頭へ
郷愁のローカル私鉄のINDEXへ戻る
鉄道写真館のINDEXへ戻る
旅の写真館へ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp