本文へスキップ

「旅のホームページ」は、いろいろな国内旅行を専門とするホームページです。

湖沼写真館

洞爺湖(北海道)

 今までに、洞爺湖(北海道)で撮った写真です。

インデックス
洞爺湖上 洞爺湖と温泉街 有珠山洞爺湖展望台 サイロ展望台


洞爺湖のデータ
湖面積 70.4ku
湖岸線長 43km
最大水深 179.7m
湖面標高 83.9m
透明度 13m
成因 カルデラ湖
区分 淡水湖
 北海道三大景観の一つに数えられる洞爺湖は、周囲をなだらかな丘陵がめぐり、中央に4つの島からなる中島をようする有名な観光地です。支笏洞爺国立公園に指定され、湖畔の温泉街や昭和新山(標高402m)、有珠山(標高732m)など見所も多く、年間4百万人もの観光客が訪れるといいます。
 最大水深179.7m、周囲約43km、面積70.4kuで、ほぼ円形をしていて、カルデラ湖としては日本第3位の大きさです。自然環境も豊かで、特に中島の一つ大島には、原生林が生い茂り、エゾシカ数百頭が生息、数十種の野鳥が飛び交う、自然の宝庫です。
 湖上には、遊覧船が巡り、大島にも立ち寄って散策したり、森林博物館を見学することも可能です。また、湖畔をほぼ一周できる「洞爺湖一周線」があり、ドライブやサイクリングなどによって、湖や山々の景観を満喫することができます。

☆洞爺湖上からの眺望 1978年7月31日撮影

洞爺湖温泉街と有珠山 昭和新山方向

 初めての北海道旅行に出て、青函連絡船で青森から函館に渡り、前日は、大沼湖畔のユースホステルに泊まりました。そして、洞爺湖へと至り、遊覧船で一周しましたが、洞爺湖温泉街の後ろの有珠山からは噴煙が見え、昭和新山も望めて、すばらしい景色を堪能しました。


☆洞爺湖と温泉街 1997年9月15日撮影(ニコンFA 35-70mmズーム)

洞爺湖と洞爺湖温泉街

 8時半前に宿を出て、洞爺湖へと向かいました。車は、大平原の中を走っていきます。途中左折して、坂を下ると眼前に洞爺湖が見えてきたのです。湖水は青く、中央の中島が美しい!西側の洞爺湖と温泉街が見晴らせる所から写真を撮りました。


☆有珠山洞爺湖展望台からの眺望 1997年9月15日撮影(ニコンFA 35-70mmズーム)

有珠山の洞爺湖展望台からの眺望

 有珠山ロープーウェーで、展望台まで上ってみることにしました。山頂は風があって寒かったのですが、その眺望は、実にすばらしいの一語につきます。右に昭和新山、洞爺湖、左に内浦湾(噴火湾)を望み、広大な北の大地が広がっているのです。まさに絶景!しばし、感嘆しながら、時間をかけて見入っていました。


☆サイロ展望台からの眺望 2012年8月17日撮影(ニコンD70 18-200mmズーム)

サイロ展望台からの眺望

 サイロ展望台は、洞爺湖の北西側の高台の上、国道230号線沿いにあるドライブインの裏手にあり、洞爺湖の大パノラマが広がる絶景のポイントです。洞爺湖をはじめ、中島、有珠山、昭和新山等を一望できます。


 
旅のブログ    100選・50選   ガウスの歴史を巡るブログ
このページの先頭へ
湖沼写真館のINDEXへ戻る
旅の写真館へ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp