<蝶の写真館> じゃのめちょう科

ヒメジャノメ

データ 生態写真 雌雄比較


☆データ

ヒメジャノメ(姫蛇目)
学 名 Mycalesis gotama
科 名 じゃのめちょう科
時 期 年3回、5月〜10月
分 布 北海道(南部)〜九州
大きさ (前翅長)18-31mm
(開張)33-40mm
生育地 人家周辺、樹林周辺
<特徴>
 春から秋まで、人家や樹林周辺などで普通に見られるジャノメチョウの仲間です。翅の裏側は薄茶色の地色に白線と大小の蛇の目模様が並んでいます。表側は茶色の地色に大小の蛇の目模様が前翅左右にそれぞれ1個ずつ目立ちますが、後翅左右の蛇の目模様は小さくてはっきりしない場合があります。林の近くを軽々とリズミカルに飛んでいますが、たまに葉や地表にとまるのでシャッターを切れるときがあります。幼虫はカヤツリグサ科・イネ科植物(チジミザサ、ススキ、アシボソ、メダケなど)を食べます。

<名前の由来>
 翅にヘビの目玉に似た丸い紋(蛇の目)があることで命名されたジャノメチョウの仲間で、小さく愛らしいのでヒメ(姫)が付きました。

<備考>
 夏型は前翅の蛇の目模様が大きいです。


☆生態写真

ヒメジャノメ(じゃのめちょう科) 1998年8月22日朝、休石温泉(福島県郡山市)付近で撮影

 1998年8月22日朝、標高約500mの休石温泉(福島県郡山市)付近で撮影しました。

ヒメジャノメ(じゃのめちょう科) 2004年8月28日昼、七ヶ浜半島吠崎(宮城県七ヶ浜町)で撮影

 2004年8月28日昼、七ヶ浜半島吠崎(宮城県七ヶ浜町)で撮影しました。

ヒメジャノメ(じゃのめちょう科) 2005年6月19日午前、見沼たんぼ(埼玉県川口市)で撮影

 2005年6月19日午前、見沼たんぼ(埼玉県川口市)で撮影しました。

ヒメジャノメ(じゃのめちょう科) 2006年6月10日昼、秋ヶ瀬公園(埼玉県さいたま市)で撮影

 2006年6月10日昼、秋ヶ瀬公園(埼玉県さいたま市)で撮影しました。

ヒメジャノメの♂と♀(じゃのめちょう科) 2006年9月21日昼に、見沼たんぼ(埼玉県さいたま市)で撮影

 2006年9月21日昼、見沼たんぼ(埼玉県さいたま市)で、交尾しているところを撮影しました。

ヒメジャノメ♂(じゃのめちょう科) 2019年6月6日午後、筑水の森付近(愛知県春日井市)で撮影

 2019年6月6日午後、筑水の森付近(愛知県春日井市)で撮影しましたが、葉上で小休止したところを接写しました。


☆雌雄比較

ヒメジャノメのオス 2005年6月19日撮影 ヒメジャノメのメス 2005年8月7日撮影

 オスは、後翅の表側の前縁基部近くに毛束があり、裏側の中央部が太く盛り上がるので、識別できます。

前種へ じゃのめちょう科目次 次種へ

蝶の写真館へ戻る
旅の写真館へ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp