<蝶の写真館> たてはちょう科

アサマイチモンジ 


アサマイチモンジ(浅間一文字)
学 名 Limenitis glorifica 
科 名 たてはちょう科
時 期 年2〜3回、5月〜10月
分 布 本州
大きさ (前翅長)27-38mm
(開張)45-55mm
生育地 雑木林周辺、都市郊外など
<特徴>
 年2〜3回発生し、春から初秋にかけて本州の雑木林周辺、都市郊外などで見られるタテハチョウの一種です。翅の裏側は、黄褐色の地に、白帯と黒の斑模様が見られます。翅の表側は、黒褐色の地に白い帯が目立ち、羽を開いているときには、1本の帯のように見えます。イチモンジチョウと酷似していますが、前翅第3室の白斑が明瞭なことと、外縁の白色斑紋がはっきりと現れないことで区別します。あまり羽をはばたかずに滑空するように飛翔しますが、比較的低いところを飛び、時々枝や葉にとまるので撮影出来ます。幼虫は、スイカズラ科植物(スイカズラ、ヒョウタンボク、タニウツギ、ハコネウツギ、ニシキウツギなど)を食べます。

<名前の由来>
 羽を開くと、前翅と後翅の模様が繋ながって、白い帯が、一(イチ)の文字(モンジ)のように見え、最初に浅間山で発見されたのでこの名が付きました。

<備考>
 季節型はありません。

アサマイチモンジ(たてはちょう科) 2006年7月2日午後、「環境科学国際センター」生態園(埼玉県騎西町)で撮影

 2006年7月2日午後、「環境科学国際センター」生態園(埼玉県騎西町)で撮影しましたが、葉の上でじっとしていてくれたので、何回もシャッターが切れました。

アサマイチモンジ(たてはちょう科) 2013年6月1日午後、秋ヶ瀬公園(埼玉県さいたま市)で撮影

 2013年6月1日午後に、、秋ヶ瀬公園(埼玉県さいたま市)で撮影しましたが、葉の上に止まっていたところを望遠で捉えました。

アサマイチモンジ(たてはちょう科) 2015年9月12日午後、八丁湖公園(埼玉県吉見町)で撮影

 2015年9月12日午後、八丁湖公園(埼玉県吉見町)で撮影しましたが、地表で吸水していたところを接写しました。

アサマイチモンジ(たてはちょう科) 2019年7月12日午後、西尾町(愛知県春日井市)で撮影

 2019年7月12日午後、西尾町(愛知県春日井市)で撮影しましたが、葉上に止まっていたところを望遠で捉えました。

 

前種へ たてはちょう科目次 次種へ

蝶の写真館へ戻る
旅の写真館へ戻る
ホームページへ戻る

*ご意見、ご要望のある方は右記までメールを下さい。よろしくね! gauss@js3.so-net.ne.jp